もつ鍋の栄養|誰もが知るコラーゲンが豊富!元気が出るのはやっぱりカプサイシン?効率の良い食べ方も紹介

冬になるとやはりお鍋が食べたくなりますよね。そのお鍋の中でも今回はもつ鍋についてご紹介します。もつ鍋っていったいどんなもの?何が入っているのか?どんな栄養があるのか?など徹底的に見ていきたいと思います。

もつ鍋とは何か?おさらいしましょう!

もつ鍋っていったいどんなもの?

よく耳にするもつ鍋。そのもつとはいったい何なのでしょうか?もつ鍋とは、別名ホルモン鍋と呼ばれます。それはなぜかというと、牛または豚のもつ(小腸や大腸の内臓肉、別名ホルモン)を使っているからです。

そして、そのホルモンが主材料なため、ホルモン鍋とも呼ばれます。もつ鍋は、福岡県福岡市近辺の郷土料理として始まりました。それから全国へ広がっていったのが始まりといわれています。

もつ鍋に含まれる栄養成分って何?

ホルモンにはコラーゲンがたっぷり

まずはホルモンから見ていきたいと思います。もつには、必須五大栄養素のうち、ミネラルや必須アミノ酸が多く含まれており、そしてコラーゲンも多く含まれています。コラーゲンはそのまま体内のコラーゲンとなるわけではなく、アミノ酸、ビタミン、ミネラルも必要になってきて、一緒に食べることでコラーゲンを吸収しやすくなります。

当然、そうなってくるとお肌にもいいこと尽くしになってきます。なので美容に良い食材となっています。そして気になるのはカロリー。もつのカロリーは100g287kcalと意外と少ないです。お鍋にすれば大半がスープになっていくので実際にはもっと少ないです。

具材のキャベツはミネラルの宝庫

キャベツには、キャベツにしか含まれていないといわれている、キャベジンでおなじみのビタミンUをはじめ、ビタミンの宝庫の食材です。水溶性ビタミンであるビタミンB1、B2、C、ナイアシン、そして脂溶性ビタミンのビタミンA、E、K、カルシウム、リン、鉄分、カリウム、マグネシウムなども含まれていますので、ミネラル分の塊といっても過言ではありません。そして、何よりも食物繊維が多いのが特徴になります。 

具材料のニラにはカリウムが豊富

ニラには、硫化アリルという物質をはじめカロチン、ビタミンB1、B2、C、カルシウムやカリウム、そして食物繊維が豊富に含まれています。ちょっとにおいが強烈な食材ですが、カリウムが多く含まれている食物は少ないので、ニラを大量に食べられるもつ鍋は、やはり体にとても良いと思います。

具材のニンニクにはビタミンが豊富

ニンニクの主な成分は、カリウムやカルシウム、そしてビタミンB1、B2、Cが豊富に含まれています。そして、またカリウムが出てきましたが、ニンニクはニラの親戚にあたります。ニンニクは生で食べると消毒作用が強いのですが、加熱すると味もマイルドになりますし、何より元気を取り戻したい時にもってこいです。

そして、ニンニクの注意点なのですが、中国産のニンニクだと残留農薬が心配になってきますので、やはり国産の低農薬ニンニクが安全だと思います。