魚介アレルギーの原因ってなに?コラーゲンやタンパク質でなる時もある!ケース別症状と検査方法などを徹底検証します!

意外と多い食物アレルギーとして魚介アレルギーがあります。日本は魚介類が豊富な国であり、いろいろな場面で魚を食べる機会があるでしょう。それにも関わらず、魚のアレルギーにかかってしまうと苦労します。そんな魚介アレルギーについて、どのような原因があるのか、どのようにして検査するのかなどを分かりやすく解説しましょう。

魚介アレルギーってどうなるの?

食物アレルギーのうちの5%が魚介アレルギーとされている

魚を食べることによって起きるのが魚介アレルギーです。これになってしまうと、さまざまな症状が出てしまいます。普段はあまり魚を食べないという方は、実は自分が魚介アレルギーにかかっているのにそれに気がついていないかもしれません。

すべての魚を食べたときに起きることもあれば、特定の魚でのみかかってしまうこともあります。また、国によってアレルギーへの耐性というのは異なっています。日本人の場合は食物アレルギーの中の5%が魚介アレルギーとなっており、割合としてはかなり少ないです。魚に含まれる特定のタンパク質が原因となります。

魚介アレルギーになる原因とは?

パルブアルブミンというタンパク質が魚介アレルギーの原因かも

魚の中の筋肉にはパルブアルブミンというタンパク質があります。これが魚介アレルギーの原因とされています。ほぼすべての魚の筋肉中にはこのタンパク質が含まれているため、魚介アレルギーにかかってしまうと、いろいろな魚が食べられなくなることが多いです。

魚に共通している成分があるために、アレルギーになってしまうと困ってしまうのです。ただし、魚によってはこのタンパク質の量が異なっていることがあります。そのため、特定の魚でばかりアレルギーが出てしまうということがあるのです。サケやマグロ、イワシといった魚はアレルギーが出やすいとされています。

魚に含まれているコラーゲンアレルギーの可能性もある

魚の筋肉ではなくてコラーゲンに対してアレルギーを持っている方がいます。魚のコラーゲンはさまざまな部分に含まれているのです。皮や骨などの中にもコラーゲンは入っていて、これがほぐれるとゼラチンになります。これを口にしたときにアレルギー症状が出てしまう人がいるのです。

コラーゲンはどのような魚にも含まれているものであり、これに対するアレルギーになると、魚全般を食べることができなくなるでしょう。魚介アレルギーの原因としてコラーゲンはよく見られるのです。コラーゲンの方が筋肉のタンパク質よりも主体となって魚介アレルギー反応が生じる人もいるのです。

トロポミオシンが原因となって魚介アレルギーになることがある

魚介アレルギーとしては、魚よりもむしろ甲殻類でみられることの方が多いでしょう。たとえばエビアレルギーの人はたくさんいて、エビを食べるとさまざまなアレルギー症状が出てしまいます。甲殻類の中にはトロポミオシンというタンパク質が含まれており、これが魚介アレルギーの原因となっているのです。

そのため、エビアレルギーの人は高確率でカニアレルギーも併発する可能性があります。また、シャコやタコ、イカなどのアレルギーについても、主な原因はトロポミオシンというタンパク質です。魚にアレルギーはなくても、エビやカニにアレルギーのあるケースは多いです。

魚介アレルギーによる症状とは?