全身美肌ケア、始めよう。おすすめの美白ボディクリームをご紹介

顔と同じように体も美白ケアをしていますか?日焼けしたくないのに焼けてしまったってことよくありますよね。美白ボディクリームを使ったケアをおこなえば、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎ、お肌は潤いを保つことができますよ。紫外線が気になり始めたら美白効果があるボディケアを始めてみませんか?

美白ボディクリームで肌のお手入れをしよう

1年中美白ケアを欠かさない方もいらっしゃいますが、そうでない方も紫外線の強い季節には美白が気になるのではないでしょうか。しかし、美白というと顔のケアが中心になりがちです。美白美容液や美白クリームを使ったり、美白ラインのスキンケアを揃えたりなど、顔の美白ケアは念入りという方でも、体の美白ケアまでは手がまわっていないという方も多いでしょう。

顔に比べるとボディケアは少々疎かになりがちという方が多いでしょう。乾燥しがちな冬はボディクリームで保湿をしても、暑い季節は日中に日焼け止めを塗る程度になりがちかもしれません。しかし、紫外線を浴びた肌にシミやそばかすができてしまうのは顔だけではありません。

気づけば手の甲や腕などにシミができているなんてことも!顔と違って体はメイクでカバーすることもできませんので、美白ボディクリームでケアをして、シミやそばかすを防ぎましょう。

美白ってどういうこと?美白ボディクリームの効果とは

肌を明るくするが元の肌より白くはならない

「美白」という言葉にかなり期待をしてしまう方もいらっしゃるでしょう。美白ボディクリームを使えば美しい白肌になれるのかな?と思ってしまっても仕方がありません。

しかし実際ボディクリームを使ったからといって、元の肌よりも白くなるわけではありません。そのことを心得ておかないと、美白ボディクリームを使ったのに効かないと感じてしまうでしょう。ただし、日焼けによって少し黒くなった肌を美白ボディクリームでケアすれば、元の肌くらい白くすることは可能だそうです。

美白ボディクリームの「美白」とは、メラニンによるシミ・ソバカスを防ぐという意味で使われている場合が多いです。即効性があるわけではありませんので、お手入れを始めればすぐに美白効果を感じるわけではありません。継続して使ううちに、肌が明るくなってきたと気づくようになるでしょう。

日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

紫外線が強い季節は長時間屋外にいると日焼けをしてしまっていることがあります。顔はしっかりUVケアをしたうえに、UV効果があるファンデーションや帽子、サングラス、日傘などで紫外線からガードしても、体は紫外線対策が手薄になってしまうことがあるでしょう。

日焼け止めを塗っても汗で流れてしまったり、塗り方がムラになっていると、日焼けをしてしまうことがあります。紫外線が気になる季節の外出時は体もしっかり日焼け止めを塗りましょう。

また、日焼け止めだけでなく、美白ボディクリームを使うことによって、シミやソバカスを防ぐ効果があります。体にシミができてしまうと、メイクで隠すことができないので困ります。できたシミを消すよりも、シミができないようにケアする方が簡単です。美白効果があるボディクリームを使って、体のすみずみまでケアしておきましょう。

美白ボディクリームの使い方

塗るタイミングは?

美白ボディクリームを塗るタイミングで一番良いのはお風呂上りです。お風呂上りにボディケアをしないままだと、わずか15分で肌が乾燥すると言われています。そのためお風呂から上がったらすぐに美白ボディクリームを塗りましょう。

体の水気をバスタオルで拭いたら、まだ少し湿っているタイミングで美白ボディクリームを塗りましょう。ボディクリームが水分の蒸発を防いでくれますよ。それに濡れた肌に塗ればボディクリームの伸びがよいので、塗る量が少量で済みます。