【ニキビの芯】自分で押し出してもいいのはどんなニキビ?自分で出す時の方法や注意点は?正しい処置の方法を徹底解説!

ニキビを治すためには潰してはいけないというのはよく言われることですが、実は芯を出しても良いニキビというのがあるのをご存知でしょうか。皮膚科で処置してもらうこともできますが、実は自分で芯を押し出すことができる方法もあるのです。この記事では、自分で対処しても良いニキビや正しい方法をご紹介します。

ニキビの芯とは?

ニキビの芯の成分

ニキビの中にぽちっと触れる固いニキビの芯ですが、一体どんな成分でできているのでしょうか。実は、ニキビの芯には2種類あります。黒ニキビや白ニキビの場合には皮脂が芯の成分となっています。白ニキビと黒ニキビは基本的な構造としては同じもので、白ニキビのてっぺんの部分が酸化して黒くなったものが黒ニキビです。

これが、黄ニキビになると芯の成分は膿になります。正確に言えば、芯が膿んでしまうと黄ニキビになるのです。この状態になると、跡が残りやすくなりますから、慎重な扱いが必要になります。

ニキビと芯の関係

それでは、ニキビの芯はなぜできてしまうのでしょうか。ニキビの芯ができてしまう原因は古い角質です。皮脂がなんらかの理由で多く出てしまった場合や、肌の新陳代謝が正確に行われなかった場合に古い角質が固まって毛穴に詰まってしまうのです。

さらに、この古い角質は毛穴の上にどんどんとかぶさるように積み重なっていきます。そこに、大量に出た皮脂が絡むとニキビの芯となってしまうのです。

そして、そのニキビの芯を餌としてアクネ菌が繁殖することでニキビが発生します。アクネ菌は誰でも肌の上に持っている菌で、肌の酸性度を保つなどの役割をしているため完全に落としきるのは難しいものです。ニキビを予防するには、角質が溜まり過ぎない様にすることが一番の方法であると言えます。

ニキビの芯と膿の違い

皮脂を芯としてできているのが白ニキビと黒ニキビです。その芯が膿んでしまうと黄ニキビとなります。それでは、この2つはどのように見分ければ良いのでしょうか。

白ニキビや黒ニキビは、肌が盛り上がって中に何かあるというのはわかりますが、それほど目立つものではありません。毛穴少し大きくなって盛り上がって見えるのが白ニキビ、その先端が黒くなっているのが黒ニキビです。

黄ニキビの場合には、膨らみの中に何か液体が入っているように見えます。これが膿です。このニキビの場合、つぶしてしまうと中の液体がはじけて出てきます。膿の見た目が白っぽく見えるのでこれを白ニキビと勘違いする人も多いのですが、液体が入っているものは黄ニキビに分類されることを知っておくと正しく対処できるでしょう。

芯を出しても良いニキビ

白ニキビ

白ニキビは、正しい方法を用いれば芯を出しても良いニキビだとされています。白ニキビの芯は皮脂です。さらに、その芯が膿んでいない状態ですから、芯を押し出すときに皮膚に傷をつけなければ、芯を押し出すことそれ自体で跡が残ってしまう可能性は低いと考えられています。

白ニキビは、すべてのニキビのできはじめの部分で、これを放置すると黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビと進化していってしまいますので、白ニキビを見つけた時点で正しく対処しておくと、そのあとのトラブルを防ぐことができる可能性が高くなります。

黒ニキビ

黒ニキビも、白ニキビと性質自体はまったく変わらないため、芯を出しても良いとされているニキビです。黒ニキビになると、先端が黒くなって目立ちやすくなるため白ニキビよりも見つけやすくなるでしょう。多くの人がニキビが気になると感じだすのはこの時点からかもしれません。

赤ニキビになってしまうと皮膚科で専門的な対策をしてもらわなければいけなくなりますから、この時点は、自力で芯を押し出してニキビ対策をするための最後のチャンスであると言えます。

芯を出してはいけないニキビ

赤ニキビ

黒ニキビが進化して、赤ニキビになってしまった場合には、自分で芯を出してはいけません。赤ニキビは黒ニキビの周囲が炎症を起こしてしまっている状態ですので、芯を押し出すと跡が残ってしまう可能性が高くなります。

赤ニキビにまでなっている場合は、芯が固く大きくなっていることも多く、さらに、赤い部分は炎症を起こしているため触ると痛みを感じる場合がほとんどであるため、きちんと芯が取れなくて残ってしまうこともあるでしょう。触ったことによって余計に炎症をひどくしてしまうこともあります。

黄ニキビ

黄ニキビも芯を押し出してはいけないニキビです。膿によって肌が張りつめているため一番潰しやすく、また潰したくなってしまうニキビですが、この状態になったニキビには触れてはいけません。

黄ニキビの芯は膿むことによってかなりでかい状態に進化しています。すべては取れないことも多いですし、跡が残る可能性も高くなっているニキビの状態です。

自分でニキビの芯を出す

ニキビの状態を確認する

ニキビの芯を押し出す時にはまず、ニキビの状態を確認しましょう。炎症などが何も起きていない、白ニキビや黒ニキビの状態ならば自分で押し出しても問題ありません。押し出したいニキビそのものだけでなく、その周辺にも炎症や傷などがないか確認しておくことが重要です。

ニキビそのものに問題がなくても、その周囲の部分に炎症があったり傷があったりする場合には、芯を押し出す過程でそちらを傷つけてしまう場合がありますので、それらのトラブルが治まるまで芯の押し出しはしない方が良いでしょう。

周囲の肌がきれいな状態で保たれている、もしくは白ニキビや黒ニキビしかない場合に限って芯の押し出しをすることができます。

必要なアイテム

ニキビの芯を出す時には、爪や指、ピンセットなどを使って無理に押し出したり引っぱり出したりしてはいけません。それらの方法では、押し出したときに傷ができてしまい、それが跡となって残ってしまう可能性が高くなります。また、そこから他のトラブルが起きてしまうことも少なくありません。

ニキビの芯を自分で押し出す時には、専用のアイテムを使います。小さなニキビの芯ならば、薬局で販売されている鼻パックを使えば取り除くことができる場合もあります。詰まった角栓を取り除いてニキビ予防をすることにもつながりますので、気になる部分には定期的に使用しておくと良いでしょう。

少し大きくなったニキビの芯は鼻パックだけでは取り除くことができませんので、面ぽう圧出器やコメドプッシャーと呼ばれるアイテムを使用します。これらのアイテムは100円ショップなどで見つけられることもありますし、薬局に行けば300円程度で購入することが可能になっています。

芯を出す方法

鼻パックの場合には、基本的には使いたい部分をたっぷりの水で濡らしてからパックを貼り付けて乾くまで放置し、はがすだけでニキビの芯や詰まった角質などを取り除くことができます。きちんと乾かさないと上手に取り除くことができないのですが、乾かしすぎると肌の表面の必要な部分まではがしてしまうことがあります。