【首の吹き出物完全ガイド】にきびとは限らない?!トラブルの原因はこれだった!5つの原因や対策など徹底解説!

10代はほっぺやおでこに吹き出物が多かったのに、社会人になってみると首やあご周りに吹き出物ができるようになったと思いませんか?首の吹き出物って、範囲が広くお化粧でも隠せないですし、治りにくくて本当に厄介なんですよね。実は首の吹き出物は、にきびの原因であるアクネ菌以外の菌でできることが多く、首はトラブルを抱えやすいんです。

首にできる吹き出物の特徴

いつの間にか首やあごに吹き出物ができてて、無意識に触っていることってありませんか?顔にできるにきびは、毎日鏡を見ているので気付きやすいですが、首にできるものは、気付かないうちにどんどん増えていて厄介ですよね。

にきびと吹き出物の違いですが、にきびが毛穴に雑菌が繁殖して炎症を起こしているものに加え、非炎症性のコメドも含めてにきびというのに対し、いわゆる吹き出物は、毛穴に入った雑菌が炎症を起こして毛嚢炎(毛包炎)を発症している場合をいいます。

また、加齢や紫外線などによる皮膚の老化によって、首にいぼのようなものができたり、頸部リンパにしこりができたりして、首はさまざまなトラブルを抱えやすいと言えます。

首に吹き出物ができる主な原因とは?

皮脂の過剰分泌

体には特に皮脂腺が発達した部位があります。その部位を「脂漏部位」といいます。例えばおでこや鼻、胸の中央部などがそれに当たります。首からデコルテにかけた当たりに吹き出物が出やすいのは、脂漏部位の近くだからともいえます。

吹き出物は皮脂腺が発達した部位にできやすいと言われています。理由ははっきりと確定しているわけではないようですが、マラセチアなどの酵母が炎症の原因になっているのではないかと言われています。マラセチアは、皮脂の多い部分に常在するので、脂漏部位に炎症が起こりやすいということです。

マラセチア菌

にきびは主にアクネ菌の繁殖によってできますが、似たような症状にもかかわらず、原因の菌が違うことがあります。マラセチア菌はカビの一種で、表皮に存在する常在菌の一つです。通常なら外界のウイルスなどを食べ、私たちを守ってくれていますが、体力が低下していたり、不衛生によって毛穴の中で菌が繁殖すると、炎症を起こしてしまうことがあります。

アクネ菌

いわゆるにきびですが、「尋常性ざ瘡」と呼ばれる立派な皮膚炎です。主な原因はアクネ菌ですが、にきびのできやすい箇所として、顔や首などに多く発症します。

にきびとその他の毛包炎とは区別がしにくいですが、にきびの定義としては、炎症を起こしているものはもちろん、毛穴に皮脂が詰まった状態の「コメド」から、皮脂が酸化した状態で炎症を起こしていないような黒にきび、そしてにきび痕までを含めて「にきび」と呼びます。

皮膚の加齢

年を取ってくると、いつの間にか首にいぼのようなできものができていることはありませんか?これは「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」というもので皮膚の良性腫瘍です。原因は皮膚の老化であるといわれます。

この老人性疣贅は、日常生活に支障がない場合が多く、よっぽどの場合でないと治療の対象とはなっていません。しかし、ざらざらした感触の上に見た目が気になってしまいますよね。美容外科などではレーザー治療や液体窒素での凍結治療もあるようです。

また、最初は小さないぼだったのに、だんだんと大きくなる場合には悪性腫瘍の可能性もあるようなので、気になる方は、専門医に診てもらった方がよさそうです。