しこりニキビをどうにかしたい!できる原因や注意点、できてしまった時の対処法や市販薬・皮膚科での治療法まで徹底解説!

ふと鏡を見たら、しこりのように固く腫れた吹き出物がポツンと顔に…。ニキビのような芯は見えないけれど何だか目立つし触ると痛いという、いわゆる「しこりニキビ」に悩まされる人は多いようです。

ヘタに触ると悪化してしまうし、かといって薬をつけてもなかなか治らないという厄介なニキビ。鏡を見るたびに憂うつになりますが、まずは原因を知り、きちんとケアすることを心がけていきましょう!

しこりニキビの正体は?

しこりニキビは、文字通り「手で触れると固い、しこりのようなニキビ」です。下あごや首にできやすいニキビですが、おでこ、鼻の頭や小鼻、頬骨のあたり、背中など、ニキビができる場所ならどこにでもできる可能性があります。むずがゆさや触れると痛みを感じるのが特徴です。

しこりニキビは、皮膚の奥の方に膿がたまって炎症を起こしている状態。そのため、触ると痛みを感じるというわけです。皮膚の中に埋もれているニキビと言ったらイメージしやすいでしょうか。炎症が悪化すると、赤く腫れたような状態になってしまうこともあります。さらにひどくなると膿の中に血液が混ざり、紫がかったような色になることも…。

ニキビの芯も中の方にあるため、鏡で見てもそれらしきものは見つけることができません。ニキビを治す手立てのひとつが「芯を出すこと」ですが、芯が見えないということは、治りにくいということでもあります。また、治ったように見えても中に芯や膿が残っていることがあり、再び炎症を起こす可能性も高いという困ったニキビです。

ところで、どうしてこんなニキビができてしまうのでしょうか。原因がわかれば対処法も見つかります。まずは、原因を見ていくことにしいましょう。

しこりニキビの原因は?

食生活の乱れ

通常のニキビもそうですが、しこりニキビの場合も、原因のひとつとして食生活の乱れが挙げられます。食事内容もそうですし、食事の時間帯も関係があります。もしも、しこりニキビができてしまったら、次の2つを振り返ってみましょう。

■食事内容
外食やインスタント食品、コンビニ弁当などの食事が続いてはいませんか? こうした食事は、野菜不足の脂質過多になりがちです。意外な落とし穴は、サラダのドレッシングです。野菜をたくさん食べているつもりでも、そこにドレッシングを大量にかけてしまうと、脂質の摂りすぎになってしまいます。

脂質が増えると皮脂の分泌量も増えます。すると当然、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。皮脂の詰まりはニキビのもとです。 もうひとつニキビによくないものとして「糖質」があります。これも皮脂の分泌を増やすもの。チョコレートやクリームたっぷりのケーキなどを食べすぎると、ニキビができやすくなってしまいます。

別の側面から見ると、野菜不足の脂質過多は、栄養のバランスが偏った状態ともいえます。栄養のバランスが偏ると、腸内のバランスも崩れてきます。善玉菌よりも悪玉菌を増え、悪玉菌が増えると便秘になり、便秘になると体内に毒素がたまり、その毒素がニキビのもとに…という嬉しくない循環が体の中で起こってしまうのです。

■食事の時間帯
食事内容だけではなく、食事の時間帯もニキビには影響します。夜、遅い時間帯の食事は消化機能に影響を及ぼし、ホルモンバランスを崩すなど体に不調をもたらします。この不調が、しこりニキビへとつながっていく可能性もないとは言えないのです。

生活リズムの乱れ

食生活が乱れているから、生活リズムが乱れているという方もいらっしゃるかもしれません。生活リズムの乱れは、ホルモンバランスの乱れを招きます。女性の場合、生理前になるとニキビができるという人も多いと思いますが、この原因は女性ホルモンのバランスが乱れること。体内には様々なホルモンがありますが、そのバランスが乱れると、ニキビができやすくなってしまいます。

ここで、生活リズムについてチェックしてみましょう。次のうち、ひとつでも当てはまるものがあったら、生活リズムが乱れているといえるかもしれません。

●いつも寝るのは日付けが変わってから。
●睡眠時間は6時間に満たないことがほとんど。
●食事は自炊ではなく、外食やインスタント食品、コンビニ弁当などが多い。
●飲み会が続いているまたは、毎日お酒を飲んでいる。
●運動不足である。
●かなりストレスがたまっている。

皮膚には再生される周期があります。ところが生活の乱れによりホルモンバランスが乱れると、この周期も乱れてしまうといいます。古い角質などがきれいにはがれず、肌に層としてたまっていってしまうのです。その層が毛穴などをふさぐと、皮膚の中に皮脂や老廃物がたまってしまいます。それが、ニキビやしこりニキビのもとになるのです。

血行不良や便秘

体の老廃物は、血液を通して、あるいは便となって体の外へ排出されていきます。ところが、排出の機能がうまく働かないと老廃物が体の中にたまり、その老廃物がニキビやしこりニキビのもととなってしまうことがあります。つまり、体質的に血行不良だったり便秘がちだったりすると、しこりニキビもできやすいということです。

老廃物が混ざった血液が体の中を巡るというのはあまり想像したくないことですが、皮膚の表面の皮脂だけではなく、体の内側から発生した老廃物もニキビの原因になるのですね。

血行不良も便秘も、食生活の乱れや生活の乱れと深く関わっています。つまり、ひとつひとつが独立した原因なのではなく、関連しあっているということ。ということは、しこりニキビをしっかり治すためには、治療もさることながら、生活自体を根本的に見直すことも大切ということです。次の項からは、その方法を具体的に見ていきましょう。

しこりニキビができてしまったら

食生活を見直そう!