足りてる?コラーゲンの摂取量と理想的な摂取方法

いつまでも若々しい赤ちゃんのようなつるんとしたお肌を保つには、一日にどれくらいのコラーゲンの摂取が必要でしょうか。理想的な摂取量と摂取方法をまとめてみました。

コラーゲンって何?

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、それらの細胞を繋ぎとめる働きをしてくれています。
体内のコラーゲンの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、残りは血管や内蔵など全身に分布しています。
コラーゲンは皮膚や骨、軟骨を構成するのになくてはならない物質です。

美肌や健康をもたらすコラーゲン

コラーゲンが肌に良いとされて、コラーゲンサプリを始め、コラーゲン飲料、コラーゲン菓子、コラーゲン鍋といった、いろんなコラーゲン商品が発売されています。
コンビニにいくだけでもさまざまなコラーゲン商品が並んでいます。
肌にどんな効果があるのでしょうか。

コラーゲンが十分摂取できていると、様々な効果をもたらします。
肌にハリ、弾力があり栄養が隅々まで行き渡り、透明感のある肌を保ってくれます。
また、この働きは肌だけでは無く、髪が生えてくる頭皮に十分コラーゲンが満たされていると、丈夫で美しい髪の毛が生えてきます。
さらに、骨の主成分もコラーゲンで出来ているので、しっかりとした骨を作るためにも必要不可欠です。

この他にも、爪、目の粘膜、血管と美容目的以外でも、健康維持をするためにしっかる摂取する事が望ましいです。

逆にコラーゲンが足りなくなるとどんな影響が出てくるのでしょうか。

コラーゲンが減少すると、肌の栄養の受け渡しがスムーズにいかなくなり、肌のターンオーバーが乱れてしまい、シミやくすみが出来やすくなってしまいます。
他にも、肌の弾力が無くなり、たるみの原因となります。

骨がもろくなったり、血管が硬くなったりする事もコラーゲン不足が関係しています。
全身のアンチエイジングケアの為にも、日々コラーゲン摂取する事が大切です。

では一日にどれくらい摂取すればいいのでしょうか。

コラーゲンの一日の摂取量

年齢や体型や体重などによっても変わりますが、約1,000mg〜5,000mg程度が必要であると言われています。。