あなたはどのタイプ?シミの種類を知って正しいケアを見つけよう♡

知るひとぞ知る!シミには種類があり、その特徴は様々です。シミの種類知らずして、シミ除去の道はなし。性質を知ればキレイに消す方法も見えてきます。シミ予防にもつながるので、シミを作りたくない人も必見です。

シミには種類があります

一言で「シミ」と言ってもいくつか種類があるのをご存知ですか?突然現れ、濃くなっていくものや知らないうちに消えてしまうものなど…「シミには美白化粧品」と思っている人は間違いではありませんが、「シミ」の種類によっては美白化粧品はあまり効果が出ないものもあります。

「シミ」の種類や特徴を知れば「シミ」を薄くする方法が見えてきます。「シミ」を薄くするには、まず「シミ」を知ることが大切です。「シミ」のメカニズムからオススメのケア方法まで一気にご紹介します。

シミはなんでできるの?

知らないうちに突然できるシミ。シミはどうやってできるのでしょうか?シミのできるまでの肌の反応と原因を細かく見ていきましょう。

シミができるメカニズム

肌が紫外線を浴びると、細胞を守るためメラノサイトが黒い色素(メラニン色素)を作り出し肌を黒くします。このメラニン色素が紫外線をカットする働きをしてくれ、肌細胞を守ってくれます。紫外線の反応により黒くなった肌は、紫外線の刺激がなくなれば肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって元の肌色に戻ります。

シミになる原因は、このターンオーバーの遅れや乱れによって起こります。ターンオーバーが不安定になると肌内部にメラニン色素が残ったままになってしまったり、過剰分泌により色素沈着してシミに変わってしまいます。

ターンオーバーを乱す原因

ストレス

肌と心は直結していると言っていいでしょう。ストレスを抱えている肌は、ターンオーバーとホルモンバランスが崩れてしまいます。この弱っている状態で紫外線を浴びてしまうとシミがあっという間に出来てしまいます。シミだけでなく、他にもいろいろな肌トラブルが出てきます。

加齢

30代を過ぎたあたりからはのターンオーバーの28日周期が遅れ始めます。この遅れにより、メラニン色素の生成が優先されてしまい、シミが出来てしまいます。誰にでも起こりうる現象なので、アンチエイジングを意識したケアが必要になってきます。

紫外線