シミをレーザー治療で消した際にできるかさぶたって何?

年々増えていくシミを減らしたいと思いませんか。レーザー治療で素早く取り除くことができるといいますが、かさぶたができると聞いて尻込みしていませんか。気になる痛みや価格、かさぶた、アフターケアについて解説します。

はじめてレーザー治療するときに知っておきたいこと

手っ取り早くシミを退治するなら、やっぱりレーザー治療かと多くの人が感じていると思います。レーザー治療するにあたって、痛みはどうなのか、気になるお値段も知りたいですよね。

また、術後の経過でかさぶたも出てきます。シミをとったのにより濃くなったと後悔しないためにもどのようなアフターケアが必要なのかといった事も知っておきたいですね。ここでは「痛み」「価格」「術後のアフターケア」について紹介していきたいと思います。

レーザー治療は痛くない?いたくない治療法はあるの

初めてレーザー治療を受ける人にとってはレーザーに対して未知の世界なのでどんな痛みなのか不安になりますよね。傷み方は人それぞれなので口コミにも頼って解説します。

痛みは人それぞれ?麻酔テープを使用するところも

レーザーが肌に照射する時間はレーザーの機種によりますが、100万分の1秒から10億分の1秒と言われています。照射時間が短いほど肌へのダメージが少なく、術後の色素沈着にも影響を与えます。傷み防止のために、クリニックによっては痛み止めクリームや、麻酔テープを30分貼り付けてから施術、という方法をとるところもあります。

実際レーザー施術をした人の口コミです。「輪ゴムで肌にパチンパチンとはじかれているような感じでこそばゆくていいものではないけど、痛みというほどでもなかった。」「メイクを落としてから、クリームを塗り、乾かしてから施術しました。すごい音とともに、油がはねてきたかのような傷みでした。」

感じ方は人それぞれのようですね。痛みに弱いという方は前もって医師に相談し、麻酔テープなどの処置をしてもらうといいのではないでしょうか。

気になるお値段はいくら?保険は適用されるの

一昔前の数百万単位のレーザー治療と比べると、今は価格帯にも幅があり、大分安価になってきたのではないかと思います。

保険適用もあるの?クリニックによってまちまち

レーザーによるシミ取りのお値段は、レーザーの機種やクリニック、シミの大きさや数によって変わってきます。相場で5ミリで1万からと言われています。

機種別ではこれもクリニックによりますが、一例として挙げておきます。保険適用になって安くなるところもありますので、参考にしてみてください。