気になるシミは薬で撃退!白肌を取り戻す薬5選をご紹介します

気になるシミを、なんとか消したいとお悩みの女性は多いのではないでしょうか?ここではシミの種類、シミに効く飲み薬の選び方、おすすめのシミを消す薬などをご紹介していきます。あきらめずに根気よくシミ治療をすることで、改善は可能です。ぜひ参考にしてくださいね。

シミを消す薬はどれがいい?

20代を過ぎたあたりから「シミ」の出現が気になってくる女性は多いのではないでしょうか?年齢を重ねていくとさらにシミが増えて、色も濃くなっていってしまいます。

幼い頃から「そばかす」がある方も、そばかすは年齢とともに目立つようになっていくので、少しでも改善したいと考えている方もいらっしゃるのでは?ここでは、シミの種類やシミを消す薬の選び方、おすすめの薬などをまとめてご紹介していきます。

シミには4種類ある!あなたはどのタイプ?

シミができる原因によってシミのタイプも変わってきます。タイプ別にシミの特徴をお伝えしていきます。

紫外線によるシミ:中年以降に出てきやすい

紫外線が原因のシミは「日光黒子(老人性色素斑)」と呼ばれます。年齢的には中年以降に出てきやすいと言われているシミですが、20代ぐらいの若い方でも出てくる場合もあります。

このシミの特徴は、平で境目がくっきりとした茶褐色や黒味をおびたシミです。大きさは小さいものから、数cmとなる大きいものまであります。できやすい部分は、紫外線を浴びやすい頬や手の甲などが挙げられます。

肝斑によるシミ:女性ホルモンが影響

肝斑(かんぱん)は、頬や頬骨から頬骨の下、おでこの中央、口の周りなどに左右対称にできるシミです。30〜40歳ごろから出てきやすく、紫外線対策をきちんと行っていても改善されず、どんどんシミが広がってくるのが特徴。

肝斑は、妊娠や経口避妊薬などが要因で出現することが分かっていて、女性ホルモンが関係していると考えられています。

そばかすによるシミ:幼児期から出現

そばかすは数mm以下の小さなシミで「雀卵斑(じゃくらんはん)」ともよばれています。頬や鼻、鼻の周りなどに出てくる茶色いシミです。

幼児期から出現しはじめて思春期になると目立つようになるのが特徴です。また、そばかすは紫外線によって悪化するとも言われています。

色素沈着によるシミ:ニキビやケガが原因

色素沈着が原因のシミは「炎症後色素沈着」ともよばれ、ニキビや火傷、ケガをした部分の皮膚が炎症をおこし治った後にできるシミです。茶色から黒味をおびた褐色のシミで顔以外に身体にもできます。