シミ隠しメイクはコンシーラーがポイント!2つのテクニックとは?

シミ隠しのメイクには、コンシーラーの使い方もファンデーションの種類によって変わってくるようです。どうしても上手くカバー出来ないという方の為に、シミ隠しメイクのテクニックをご紹介していきます。

シミ隠しのメイクのコツは?

シミ隠しのメイクのコツは、年齢を重ねていくごとに知っておきたいメイクのテクニックの1つといえるでしょう。シミ隠しのメイクのコツには、やはりコンシーラーは欠かせないようです。

紫外線によるメラニン生成で色素沈着してしまったシミが大半のようで、隠れシミが数年後にシミとなって皮膚の表面に出てくるといいます。いつまでも美しくメイクを楽しく仕上げるために、シミ隠しのメイクについてご紹介していきます。

シミ隠しのメイク前に知っておきたい事

シミ隠しのメイク前に知っておきたいこともいくつかあるようです。まず、シミ隠しのメイクをしたいと思う、そのシミの種類はどんな種類なのかも把握しておくといいでしょう。シミには幾つかの種類があり、そのシミ隠しメイクにはコンシーラーはマストアイテムになります。コンシーラー使いの基本も簡単にこちらでご説明していきます。

シミには4つの種類がある

シミには、大きくわけて、肝斑(かんぱん)、そばかす、ニキビや炎症によってできる色素沈着のもの、老人性色素斑の4つがあるといわれています。

肝斑…シミの大きさは様々で、目の下の頬のあたりや鼻の下あたり、そして、おでこに左右対称に出てしまうこともあるシミといわれています。

そばかす…海外セレブにも多いそばかす。そばかすを隠さずにメイクするかたも結構います。ひとつのシミのサイズは小さめでブルべ肌のかたは特に色素が濃く見えて目立つといわれています。そばかすは、子供の頃から現れるといわれています。

ニキビや傷などの色素沈着によるもの…皮膚が強い刺激を受けてしまい、色素沈着が発生してしまい出来るシミといわれています。凸凹しているものもみられるといわれています。