日本酒化粧水は高保湿で美白に効く?成分と効果やランキングを一挙ご紹介!

日本酒の化粧水は安いけど、実際に効果はあるの?と疑問に思っている人が多いと思います。日本酒を造る杜氏さんの手は白くてスベスベ!という話は、お酒業界では有名です。日本酒には美容や健康に良い効能がたくさんあります。日焼けが気になる季節には特におススメです。日本酒化粧水の成分や効果、商品ランキング、手作り化粧水の作り方をご紹介します!

日本酒化粧水でスキンケア?ホントに大丈夫?

日本酒化粧水って気になるけど、日本酒というのがどうも…と思っている人は多いと思います。実は、日本酒は発酵食品(飲料)なんです!日本酒には美肌に効く多くの効能があります。今までは呑み専門だった人、手を出す勇気がなかった人のために、日本酒化粧水の効果、おすすめ商品ランキング、手作り化粧水の作り方をお教えします!

日本酒化粧水の成分は?どんな効果があるの?

日本酒がどうやって製造されるか、知ってますか?日本酒は、微生物である「麹」を使って、米を発酵させて造ります。お酒の製造過程で美肌成分が生まれます。ここでは、日本酒や日本酒化粧水に、どのような成分があって、肌にどんな効果があるのかをご紹介します。

日本酒化粧水で美白!シミとさよなら!

米麹に含まれる「コウジ酸」には、肌の美白効果があります。肌の表皮には、「メラノサイト」という、メラニンを作る工場のような場所があります。紫外線を浴びると、メラノサイトに存在する酵素、「チロシナーゼ」の働きにより、シミの元となるメラニン色素が造られます。

コウジ酸は、このチロシナーゼに直接働きかけて、メラニン色素の生成を阻害してくれます。他に、コウジ酸は、くすみ、ニキビ痕、そばかすにも効果があるとされています。

日本酒化粧水ニキビを撃退!高い抗酸化作用!

日本酒にはポリフェノールの一種である、「フェルラ酸」が含まれています。フェルラ酸には強力な抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑える作用があるとされています。有害な紫外線を吸収して肌への色素沈着を防ぎ、シワ、たるみ、ニキビ、くすみ等を防いでくれます。

日本酒化粧水の高保湿成分でもっちり肌に!

日本酒には、うまみ成分、αGG(アルファ・ジー・ジー)が含まれます。αGGは、日本酒の旨みを研究する過程で発見されました。

肌に優しい天然由来成分で、高保湿効果があります。肌のハリの維持、リフトアップ効果があるとの研究結果も出ています。

また、日本酒にはアミノ酸が豊富に含まれています。なんとビールの2倍、ワインの5倍以上です。アミノ酸は、肌を保湿し、角質層のバリア機能を正常に維持して、肌に適度な弾力性を与えてくれます。

日本酒化粧水には自然のピーリング作用アリ!

日本酒には、乳酸、コハク酸、リンゴ酸、クエン酸などが含まれています。これらの酸には、古くなった角質を剥がす働きがあると言われます。

古い角質を剥がす働きのことを、「ピーリング」といいます。これらは自然に発生する酸なので、化学薬品よりも刺激が少なく、お肌に優しいピーリング効果があると言えます。

日本酒で体ポカポカ!

酒類の中でも、特に日本酒に多く含まれるアデノシンは、毛細血管の働きを活性化し、血行をよくしてくれます。そのため、ストレス、冷え性や肩こり、片頭痛に効果があると言われています。

ビールやワインなどのお酒を飲んで、一時的に体が熱くなった後、すぐに体が冷えることはありませんか? 日本酒を飲んだ後の体温は、他のお酒より2度高くなるとも言われます。日本酒は、他のお酒より、体の温かさを維持してくれるのです。

日本酒化粧水は毛穴を引きしめてくれる!

毛穴が開く原因は、肌のターンオーバー機能が正常に働いていないことが考えられます。化粧の落とし忘れや皮脂が毛穴に詰ったままだと、新陳代謝が阻害されてしまいます。

日本酒の精製過程で産出される「酒粕」には、高い保湿効果があります。肌が保湿されると、毛穴が開いて老廃物を排出し、皮脂がつまるのを防いでくれます。肌のターンオーバー機能を維持し、毛穴を引き締めてくれる効果があります。

日本酒化粧水ランキング!おすすめアイテムはコレ!