オーガニックな化粧水はどれがいいの?各種おすすめを紹介します

最近は色々なオーガニックな化粧水が販売されています。オーガニック?肌には優しそうだけど効くの?そう思っている人も多いでしょう。今回はオーガニック化粧水の利用者でもある筆者が、オーガニック製品の魅力や、おすすめの商品をこっそりとお教えします。

オーガニック化粧品についての基礎知識

オーガニックの化粧品とは、肥料や農薬を使わずに育てられ、有機野菜を減量にして作った化粧品のことです。日本では、食材にについては厳格なオーガニック認定がありますが、コスメについてはまだまだ立ち遅れていて、各メーカーやブランドの独自の判断にまかせている状態です。

海外ではISO 14001(環境ISO)などを始めとした厳格な基準があり、またそれぞれの国ごとにしっかりとしたオーガニックの基準が定められています。しかし、日本のオーガニック化粧品は一定基準のオーガニック成分が使われていれば、オーガニックと名乗っていいのが現状です。

日本は各国に遅れを取っている状態ですが、日本の製品を選ぶ時にはオーガニックコスメ認証を取得しているもの、また自社の製造基準を設けていて、石油由来排除やオーガニック植物の配合比を公表しているものを選ぶといいと思います。

オーガニック化粧水とは何?

オーガニック化粧水というのは、日本においては、一定のオーガニック成分を含有した化粧水です。これが国際的になると、基準はさらに厳しくなります。

オーガニック化粧水は使い心地の種類も色々あり、色々な香りもあり、手にとって見ているだけでも楽しくなりますが、一番大切なのは自分の肌に合うことと、自分の肌のポテンシャルを引き上げてくれることだと思ってください。

肌に負担にかかる成分が入っていない

一般的に日本のオーガニック化粧品は基本的には「有機栽培された植物を使って作られたコスメ=オーガニックコスメ」という認識です。しかし多くのメーカーが、消費者の手に渡るまでの輸送方法等や、すべての工程において、自然環境への負荷を最小限に抑えるように努力してくれています。

そのため肌に負担のかかる、農薬や化学肥料などは極力使用していない方向で努力をしてくれている企業がほどんどだと思います。

環境に優しい成分を使用

なぜオーガニック化粧品が肌に優しく、環境にも配慮をできるのかというと、基本的には化学物質が含まれていないからです。そのため、自然環境にもに優しく、洗剤なども安心して使用できるものがほとんどだと思われます。

本当に肌に優しく低刺激なの?

オーガニック化粧品はゆっくりと時間をかけて、肌本来の予防機能を高めていくというのが特徴です。ケミカルコスメのような即効性は皆無ですが、多くの敏感肌や乾燥肌の人にはおすすめできます。しかし「オーガニック=刺激の弱い優しい物」は間違いです。優しいものばかりでは決してありません。

例えばそこに使われているエッセンシャルオイルの効能が強ければ、強く効果が出てしまう可能性もあります。使われている成分にかんしては、しっかりと下調べをしたほうがよさそうです。

敏感肌やアトピーの人でも使いやすい?

肌に優しいイメージがあるため、敏感肌やアトピーの人でも使いやすいと言われていますが、その成分によってはアレルギー反応が起こることがあります。例えばアトピー肌の人はセラミドに対して合成障害を抱えている人も多く、その点は注意が必要です。

商品を選ぶ時は、自分のアレルゲンが含まれていないか、自分にとって有効なものかをしっかり考えて選びましょうね。

オーガニック化粧水の選び方ポイント

オーガニック化粧品選びの重大なポイントといえば、まだ日本では曖昧な国際的なオーガニックの基準を満たしているかどうかです。基準にも色々ありますが、まず有名な基準を紹介します。