頭のできものはニキビとは限らない!5つの原因で頭皮ケア対策をしよう!

頭皮にふとできたできものに、爪があたって痛い思いしてできものに気付いたことありませんか?ほとんどが炎症をおこしたニキビですが、悪化すると皮膚科への受診も必要な場合があります。またフケやかゆみの原因は菌が原因で発生しているメカニズムも理解して、正しく頭皮ケアをしましょう。

頭にできものができて悩んでいませんか?

頭にできたおできのようなできもの。つい爪があたって痛い思いしたことや、なかなか治りにくくて困った経験ありませんか?頭にできるできものには、頭皮ニキビが多いのですが、できものの中にはフケや皮脂を好む菌や、傷口に付着して悪化させる菌が存在します。

頭皮にきびの原因から、悪化したできものの特徴など、皮膚科の専門医へ受診した場合がよいケースなどを、合わせてチェックしていきましょう。

頭のできものは何?その原因について

頭に痒みがでた時や、ふと髪の毛を整えようとした時など、頭にできたニキビのようなできものに触れてしまったり、爪がひっかかってしまって、痛い思いしたことありませんか?季節の変化によってもフケやかゆみを伴う炎症がおこる場合もあります。

ニキビのようなできものができる原因には、どのようなものがあるのか?フケが発生する原因にはどのような原因があるのでしょうか?頭皮湿疹や頭皮ニキビなどのさまざまな炎症について、皮膚科を受診した方がよいケースもあります。症状による原因を確認していきましょう。

頭皮の傷が化膿する

頭をかきむしっただけでも、頭皮は傷つきます。傷の発生具合はさまざまですが、洗髪する時やブラッシングする際に、傷口に触れてしまうことで、化膿させる原因になる場合があります。傷に気づいたらできるだけ清潔にして、洗髪やブラッシング、爪等で悪化させないように注意しましょう。

傷がある場合には注意が必要なのは、その傷口に黄色ブドウ球菌という菌が付着することです。この菌が付着すると、よく子どもにできる「とびひ」のようなできものへと変化します。頭皮全体にできものが増えてしまうような状態になることも考えられます。かさぶたなどは自然にはがれるまで注意しましょう。

傷口はできるだけ清潔にし、炎症が広がる状態がみられる場合には、皮膚科の専門医に早めに診みてもらいましょう。

皮膚に存在する常在菌の中に、アクネ菌が存在します。アクネ菌は空気に触れない皮脂が溜まったところを好み、不要な脂質を片付けてくれる役目をしてくれます。アクネ菌の一部が毛穴詰まりをおこしている場所の奥に入り込むと、カビが発生する原因や、ニキビができる原因をつくる場合があります。

頭皮に酸化した皮脂が増えないように、抗酸化作用のビタミンCやビタミンEを上手に取り入れ、頭皮の状態をバランスよく維持していれば、常在菌が悪く働くことはありません。適切な頭皮の状態を保ち、傷口は清潔にしておくことで、傷口が悪化するような要因を作らないようにしましょう。

女性ホルモンの減少

体のホルモンバランスが乱れると、頭皮のトラブルを起こす原因を作る場合があります。女性ホルモンは頭皮や髪を健康にするために必要なホルモンですが、それが崩れてしまうと皮脂が増えてギトギトになったり、乾燥してしまったり、頭皮から悪臭がしてくる場合もあるようです。

ホルモンバランスが乱れる原因として、加齢に伴う場合もありますが、睡眠不足や起きる時間が不規則など、運動不足や過度のストレスが原因となる場合があります。改善できることから、生活習慣を見直し、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

偏食による皮脂の過剰分泌

日頃の食生活が偏っていることも、頭皮の状態と大きく関係しているそうです。甘いものや脂っこい脂肪分のものを好んで摂取する時には、やはりある程度の節度が必要です。日常的に摂取しすぎると、皮脂が過剰に分泌されやすい体質になる場合があります。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰って炎症を起こし、できものができやすくなります。頭皮以外にも顔のニキビの原因にもなりますので、普段の食生活を見直し、甘いものや脂肪分などは、節度ある摂取方法を考え、バランスよく摂取する工夫をしましょう。

頭皮の日焼け

頭皮のできものには、紫外線の浴びすぎも考えられます。一番日焼けする場所にも関わらず、日焼け対策が疎かになりやすい部位です紫外線の影響をうけた皮膚はヤケドのような状態になったり、炎症を起こすこともあります。

紫外線を浴びすぎることで、皮膚も乾燥し、次第に角質が剥がれやすくなります。そうすると、頭皮にダイレクトに紫外線を浴びるようになるので、皮脂を過剰に分泌することで頭皮を守ろうとするのです。その結果、毛穴も詰まりやすくなり頭皮の状態は悪くなってしまいます。

頭皮が紫外線の浴びすぎにならないように、日傘や帽子など、紫外線ケアをすることも大切です。紫外線の強い時期にはより意識して、頭皮の紫外線ケアをしましょう。

髪の洗いすぎ