背中ニキビの3つの原因と皮膚科治療がおすすめな理由を解説します!

背中ニキビは出来やすいニキビと言えますが、治りにくいニキビでもあります。その理由について紹介していきましょう。また皮膚科での治療法や料金についても紹介しているので、背中ニキビに悩んでいる人は見てくださいね。

背中ニキビは皮膚科できちんと治そう!

背中がかゆい、なんだか痛いと思って背中を触ったらニキビが出来ている…こんな経験は誰でもあると思います。背中ニキビは非常に出来やすいものなので、日頃から背中のケアは欠かせません。しかし背中ニキビはどうやってケアすればいいの?と困っている人も多いでしょう。

ここでは背中ニキビの原因や皮膚科での治療法、そして病院を選ぶ際のポイントについて紹介していきます。背中ニキビがたくさんあって困っているという人は参考にしてくださいね。

背中ニキビの原因とは?

まずは背中ニキビができる原因についてです。背中ニキビができる原因はいくつかあるので、これを解消することで背中にニキビが出来にくくなりますよ。

マラセチア真菌というカビ菌が原因

人間の皮膚にはマラセチア真菌というカビ菌が常にいます。この菌は皮脂を餌にして増殖すると言われています。背中に白ニキビが出来てそのまま治癒すればいいのですが、白ニキビの中には皮脂が大量にあるためそこにマラセチア真菌が入ると増殖して炎症を起こしてしまいます。炎症を起こすことで赤く腫れあがったニキビになってしまい、跡が残りやすくなるのです。

皮脂が分泌しやすい

人の背中は皮脂が分泌しやすい部位でもあります。皮脂が過剰に分泌されることで白ニキビが出来やすくなってしまいます。皮脂の過剰分泌の原因は様々です。日常的なストレスや脂っこい食べ物ばかり食べるなどの食生活の方より、睡眠不足や疲れなども過剰分泌の原因です。これらの原因が思い当たる場合はなるべく改善しておいた方が良いでしょう。

洗いにくく擦れやすい

背中は後ろ側なので、洗う際に中々手が届きません。届いても上手く力が入らないことも多いので、汚れを綺麗に落とすことがとても難しい部位なのです。またシャンプーをした後に背中にシャンプーが付いている恐れがあるのですが、それも綺麗に洗い落とさなければ背中ニキビの原因となります。

また背中は服が擦れやすい部位なので、服との摩擦でも背中ニキビが悪化する恐れがあります。

背中ニキビを早めに治療すべき理由は?

背中ニキビは出来たら早めに治療してしまうことが重要です。ではなぜ早めに治療しなければならないのかを紹介しましょう。

市販薬が効かない

背中ニキビの原因はマラセチア真菌というカビ菌が原因なので、一般的なニキビ治療の市販薬は効果がありません。ほとんどのニキビの治療薬はアクネ菌が原因の物に効果があるので、マラセチア真菌が原因の背中ニキビには効果がないようです。

オロナインは殺菌作用があるため、効果があるかもしれないと言われています。まずはオロナインを試してみるのもいいですが、皮膚科に行って適切な薬を処方してもらった方が早めに治りますよ。

悪化しニキビ跡になると保険適用外に

ニキビと言えば痛い・かゆいなどの症状が付き物です。しかし背中ニキビの中には痛みやかゆみが全く現れず、気付いたらニキビ跡になっていたなんてことも珍しくありません。

ニキビ跡になると市販薬では治療できません。背中のニキビ跡は皮膚科でも治療ができますが、そうなると保険が効きませんので高額な治療費を払わなければならなくなります。

皮膚科での治療法と料金(保険適用の場合)

背中ニキビの治し方には皮膚科での治療が最もおすすめです。ここでは保険適用される場合の皮膚科での治療法やその治療にかかる料金について紹介します。