ハーブカラーのメリット・デメリットを徹底調査!おすすめ美容院4選!

明るい髪色にしたい!白髪を染めたい!でも…髪や頭皮に負担をかけたくない!という人は多いですよね。髪や頭皮に優しいものは、しっかり染まらなかったり、染めるのに時間がかかるイメージです。刺激が少ないけどしっかりと染まる、天然成分が90%も含まれているハーブカラー剤や、漢方を使う香草のカラー剤があります。ハーブカラーの特徴や、メリットやデメリット、ハーブカラーが施術できる美容院を紹介します!

ハーブカラーとは…大きく3つに分けられます

ハーブを使用するヘアカラーのことをハーブカラーと呼びますが、大きく3つに分けることができます。

1.黒髪は明るくならない白髪にのみ色がつく天然ハーブ100%のカラー剤。髪と頭皮を一切傷めず、トリートメント効果が高く、ダメージして弱った髪を補強してくれるのが特徴です。

2.ほぼ天然ハーブ、植物由来90%程度のものに微量の化学染料を混ぜたカラー剤。色の種類もあり、白髪も黒髪も染まり、髪を傷めずツヤのある自然な仕上がりになるのが特徴です。

3.黒髪も茶色く脱色される一般的なカラー剤にハーブをエッセンスとして添加しているカラー剤。ベースは通常のカラー剤のため、負担はあまり変わりませんが、ハーブの効能で髪や頭皮を健やかに整えてくれるのが特徴です。

ハーブカラーの種類について

ハーブを使用したヘアカラーのそれぞれの特徴

■ヘナカラー
インドを中心に育つヘナという低木の葉を収穫・乾燥させた後、粉末状にし、その粉末を、お湯などでペースト状にしたものを髪に塗布して染めていきます。

天然ハーブ100%の植物由来で髪や頭皮を傷めず、髪はつやのある仕上がりになります。刺激のないカラー剤のため肌の弱い人などでも使つことができまが、白髪は染まりますが、黒髪を染めることはできません。

■オーガニックカラー
通常のカラー剤にオーガニックのローズマリー、カモミールなどの天然成分が入っているものは、オーガニック配合カラーとも呼ばれ、ハーブの効能はありますが、通常のカラー剤と刺激はあまり変わりません。

これに対し、純度の高いオーガニックエッセンスを積極的に使用したオーガニックカラーは、頭皮に優しく刺激が少ない低アンモニア処方で、カラー独特のにおもが少なく、ノンシリコーン処方であるという特徴があり、ツヤのある美しい仕上がりになります。ただしカラー剤の力が優しいので明るい髪色には未対応です。

■香草カラー
漢方やハーブをたっぷり使用して 髪に優しいのが特徴です。カラーリングの独特の臭いが無く、漢方とハーブに化学染料が融合した植物系ヘアカラーです。明るい色から白髪染めまで、幅広いカラーリングができます。

通常のカラー剤をベースにしているものと、天然成分のカラー剤をベースにしているものとがあります。くり返しても毛先まで潤い、つややかな髪のをキープできます。

白髪染めにおすすめ!染めながらキレイな髪を維持できる

天然ハーブ100%のカラー剤は脱色ができないため、基本的に、白髪染めに使用します。黒髪には色が入りませんが、頻繁に染めても髪が傷まないので、キレイな髪を維持しながら白髪染めができます。

白髪の染まりが弱いと感じる人は、オーガニックカラーや香草カラーなど、 ハーブと化学染料を使用しているカラー剤を使うと、白髪も黒髪も染まります。