ニキビがひどい原因は何?痛くて辛い時の3つの対処法教えます!ひどくなる前にできる予防法3選もご紹介!

ひどいニキビを治す方法とは?

ニキビは「尋常性ざ瘡」と呼ばれる皮膚疾患です。ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛孔をふさぎ、ふさがれた毛孔の中で細菌が繁殖し炎症を起こしていきます。

ニキビの主な原因は皮脂ですが、それ以外にもさまざまことが原因で、ニキビが発症します。皮膚科に通っても、油ものを控えても、ビタミンをたっぷり摂取しても、ニキビに悩まされて続けている人は、自分が予想もしていなかった原因があるかもしれません。

ニキビができる原因は?

食生活の乱れ

ニキビのメカニズムは、皮脂の過剰分泌により毛孔がふさがれることにあります。油っこい食事やチョコレートやピーナッツなどの脂質を多く含む食品を食べすぎると、ニキビができやすくなるのはそのためです。

わたしたちの口から摂取された脂質は、肝臓で分解されうまく代謝が行われれば、脂質はエネルギーに変えられます。しかし、脂質代謝がうまく行われなかったり、脂質を取りすぎたりすると、余った脂質は皮脂となって現れます。

脂質がエネルギーに変わるのに重要な栄養素は、ビタミンB2とB6です。ビタミンB2が不足すると、脂質代謝がうまくいかなくなります。

また、ビタミンB6タンパク質を合成し、肌のターンオーバーに重要な役割を果たします。脂質を取りすぎず、ビタミンB2、B6が豊富に含まれる食品を意識して摂るようにしましょう。

肝臓機能の低下

一日に何度も洗顔をして、気になる皮脂を洗い落としても、数時間後にはまた皮脂が出ている。そんな脂性肌の人は、何度洗顔しても、体内からあふれ出る皮脂を止めることはできません。もともとの皮脂の量を抑えることもニキビ対策には大切です。

皮脂が過剰に分泌する原因の一つに「肝臓」の機能低下が挙げられます。肝臓は解毒の作用を担う大事な臓器ですが、もう一つ大切な役割として栄養の貯蓄があります。

人間が急に絶食をしても、しばらく生きていけるのは、この肝臓に栄養が貯めこまれているからです。しかし暴飲暴食で栄養を取り過ぎると肝臓が弱り、うまく代謝することができません。

特に脂質の場合、摂りすぎて肝臓で余った脂質は「黄体ホルモン」を生成します。黄体ホルモンは皮脂腺に作用するホルモンで、生理前ににきびができやすくなるのは、この黄体ホルモンが影響しているからです。

黄体ホルモンが過剰に分泌された結果、皮脂を過剰に刺激し皮脂過多になります。ですから暴飲暴食や過度な飲酒などで肝臓が疲れている場合は、そもそもの機能が弱まっていますので、脂質の代謝を妨げてしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ

ニキビは、できる箇所によって、原因を探ることもできます。例えば思春期。この頃にできるニキビは、性ホルモンの発達によるもので、皮脂腺の多く集まる部分の額や鼻周辺にニキビが多く発症します。

ニキビを引き起こす主な原因は男性ホルモンの「アンドロゲン」です。これは男性に限らず女性の体内でも作られるホルモンです。この男性ホルモンが過剰分泌させることで、ニキビ肌になりやすいのです。

また、女性特有のホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」がありますが、プロゲステロンも皮脂の分泌を促し、髪や肌にツヤを与える働きをするものですが、ホルモンバランスの乱れからプロゲステロンが活性化されると、皮脂の過剰分泌となり、ニキビ肌になります。

ストレス

大人ニキビによくある頬やあご周りのできるニキビは、ストレスが原因のニキビと考えられます。人は、ストレスを感じると副腎皮質から「ジヒドロテストステロン」という抗ストレスホルモンを分泌させます。

そのホルモンは、男性には顎や頬周りの毛を硬く太くさせる作用がありますが、女性の場合はひげが生えていませんので、ひげの代わりに皮脂腺を刺激し、過剰に皮脂を分泌させにきびを発症させます。

現代社会では、多少なりともストレスを感じるもの。しかし、過度なストレスはこのように肌だけでなく、内臓へも負担をかけます。まずは自分のストレスと向き合い、リフレッシュする方法を見つけるなど、環境の改善していくことが必要です。

肌に合わない化粧品や洗顔料の使用