【牛すじ カロリー】太らない?低脂肪、低コレステロールな牛すじはダイエットにぴったり!

牛すじは、脂肪分がいっぱいで、食べると太るのでダイエットに向いてない・・・という噂をよく聞きますが、本当でしょうか?実は、牛すじはダイエットの心強い味方なのです!牛すじの栄養素や美味しいレシピまで、詳しく調べてみました。

牛すじのカロリーは高い?

冬になるとおでんの具材としてよくコンビニで見かけるようになる牛すじ。気になる牛すじのカロリーは、100gあたり約155Kcalです。カルビやロースなどの赤肉が100g400Kcal以上であることを考えると、牛すじのカロリーはその半分以下とかなり低いことがわかります。

牛すじの部位はネックやアキレス腱

牛すじとは、牛の筋と書くように牛の筋の部分のことです。アキレス腱やネック部分のように、すじの多い部分のことを牛すじと呼んでいるようです。

肉の部分は少なくて、コラーゲンのようなゼラチン質がたっぷりと含まれています。赤身肉のように焼いたり煮たりすると、硬くて食べずらい部位なのですが工夫すると、とても美味しくなります。

牛すじは、先ずアク抜きをして、あとはことことじっくり煮込みます。ゆっくりと煮込むと出汁がよくでることもあり、おでんや鍋などの煮込み料理によく使われます。

東日本では家庭料理として使われることが少なく、使われずに捨てられることも多かった牛すじですが、西日本ではこんにゃくと甘辛く煮込んだものがいろいろな料便利な理に使われてきました。今も関西地方を中心にお好み焼きやネギ焼き、カレーなどに多く使われています。

おでんの具材としても関西や九州では昔から普通にありましたが、コンビニエンスストアが牛すじをおでんの種として販売始めたことで、関西や九州を出て全国に広まりました。

すじ肉と牛すじは、似ているけれどちょっと違う

すじ肉も、牛のアキレス腱部分や腱がついた肉を指しますが、これ以外にも単なる筋、横隔膜の一部もすじ肉と言われています。一方牛すじといえばアキレス腱のあたりの肉を指すことが一般的です。

牛すじとホルモンは、間違われやすいけれど全く違う

よく混同されるホルモンと牛すじの二つ。しかし、ホルモンと牛すじは部位が違います。ホルモンは内臓肉のこと。牛すじは腱や筋の肉です。

牛すじのプリプリした部分、実は脂肪じゃなかった!

牛すじは調理すると、かなり弾力があります。しかも、ぷりぷりしていて白いので、多くの人がこの部分を脂肪だと思っているようです。そのため、牛すじを食べると太ると考えている人も多いようです。しかし、実はこのプリプリの部分は脂肪ではなくゼラチン質なのです。

硬い肉を長時間煮込むことで、コラーゲンに熱が通りゼラチン化し、弾力がある食感を生み出します。このゼラチン化によって赤みの部分がパサついても風味の低下を補ってくれる働きがあります。また、このゼラチンの中に肉汁がとどまるため、牛すじの煮込みは味がしっかりと残り、食感も悪くなりにくいのです。

さらに、コラーゲンには脂質は含まれておらず、コラーゲン自体のカロリーは高くありません。

市販されているおでんの牛すじのカロリーチェック

冬になると、コンビニやスーパーにおでんが並びます。その中には必ず牛すじが含まれていて、全国で人気の一品になっています。主に串に刺さった状態で販売されています。各コンビニで販売されているおでんの牛すじのカロリーを調べました。

コンビニによってひと串あたりの重量が異なりますが、グラム数は明示されていませんでしたので、カロリーのみ表示しています。コンビニによってカロリーがかなり異なっていますが、正確な原因は明らかになっていません。おそらく調理方法やグラム数、使用する部位の違いなどによるものだと思われます。

ローソンは30~33キロカロリー

ローソンの牛筋は125円。コンビニエンスストア3社の中では一番噛みごたえ感のある牛すじです。カロリーも低めです。ちなみに串ではありませんが、ごつごつ牛(粗びきにした牛すじ肉と細びきにした牛ひき肉をだんご状にしたもの)は76Kcalです。

セブンイレブンは27~40キロカロリー

セブンイレブンの牛すじは125円です。ちょっぴり値段が高いようです。カロリーに随分幅がありますが、セブンイレブンでは地域ごとに味付けが違うのでカロリーに幅があるのですね。3社の中ではカロリーも硬さもちょうど真ん中といったところです。

ファミリーマートは約50キロカロリー

ファミリーマートの牛すじは、3社の中では柔らかい感じの牛すじです。値段は120円。しっかり噛めるのが好きか、柔らかいのがいいか?これは好みですね。柔らかい分しっかり出汁を吸ってカロリーは1番高い特徴があります。

牛すじの食べ方と注意点

牛すじは固くてそのままでは食べられません。そのため、他の部位の肉と違って調理には下処理などちょっとした手順が必要です。