【うなじの脱毛】意外と見られてる?!うなじの理想の形とは?処理の仕方やお手入れ方法まで徹底解説!

自分では見えない場所なのに、意外と人の目に止まりやすい場所ってありますよね。そんなパーツの代表とも言えるのが「うなじ」。薄着や和装の時、綺麗に整えられたうなじって男女問わずハッと人目を引きます。ふと自分のうなじをチェックしてみると…あれ、思っていたのと違う…?意外と女性の悩みの種だった『うなじ』、処理やケアの仕方を覚えて堂々と見せてしまいましょう!

うなじが毛深い…形が変…うなじの悩みって?

毛深い・形が変…

何かのきっかけで自分のうなじを見た時、意外と毛が濃い、毛深いと感じ、それがコンプレックスになる方はとても多いようです。脱毛サロンでも『うなじ・襟足』というコースがあることからも需要が高いのはお分かり頂けると思います。

また、同様に多いのは毛の流れが悪く襟足の形が気に入らないというお悩み。「産毛と後れ毛がごっちゃになってしまって、なんだか汚らしく見える」「首筋が短く見える」と、思わず首筋の隠れた服装ばかりになってしまう人も少なくありません。

自己処理が大変…

うなじは場所が首の真うしろに位置するため、自分からは見えづらく、普段はどんな風になっているのか自覚のある人は少ないでしょう。このことから、自分でケアするのが難しかったり、「自分で見えないからどうでもいい」と面倒になってケアを怠ってしまうことも多いようです。

また、「ケアすれば自信を持って首を出せるけど、失敗しやすいからやりたくない」という気持ちから自分の首筋を「見ないふり」してしまい、コンプレックスをそのままにしてしまう女性も意外と多いものです。

女度高めの服装やアップヘアスタイルが出来ない

キュートなお団子ヘアや、元気なポニーテールアレンジをしたいのにうなじにコンプレックスがあるせいで出来ず、いつも同じ髪型や首を隠す服装。そんな風に自分のしたいおしゃれが出来なくなってしまっていませんか?

顔周りをスッキリさせるアップヘアアレンジや、少し襟ぐりの広いカットソー、パーティードレスは「女性らしさ」「華やかさ」を格段にアップさせます。女性のうなじ周りやデコルテを強調し、魅力を引き出そうとするデザインやヘアスタイルはとても多く、またおしゃれは自分の気持ちを高揚させてより魅力を放ちます。

そんな女性らしい魅力を、いつも同じダウンヘアスタイル、タートルネックやストールで隠すというのはとてももったいない!早々にコンプレックスなど吹き飛ばしてしまいましょう!

実はとても見られてる?!男性目線の「うなじ」事情

男性から見ると、女性の首筋が綺麗だと思わず見惚れてしまったり、魅力を感じたりする機会が多いもの。とある脱毛系サロンのアンケート調査によれば、80%の男性は「女性のアップヘアスタイルが好き」「首筋の見える服装が好き」と答えたとの結果も。

電車の中、講義中、会議中などでふと目の前の女性の首筋が目に入り、その時にうなじがボサボサ・ガサガサだと「あれ?」と感じてしまう男性もいるのだとか。

また、手足のムダ毛ケアはバッチリなのに、目に見えにくいうなじがお手入れ不足だと「表面しか気にならないのかな?と感じてしまう」という少々手厳しい意見も…。もちろん自分を追い詰める必要は皆無!ですが、意外と首筋の注目度は高いものだと知っておきましょう。

うなじの理想の形とは

理想の形はやっぱり舞妓スタイル

昔から、舞妓さんのうなじの美しさは物語や詩にまでなるほど魅力的とされています。

舞妓さんのように、「耳後ろから首の真ん中までの大きなW字、そして背骨真上の小さなM字」という「MW字型」のうなじが最も首が長く、そして細く見え、また色の白さと髪の黒さのコントラストが綺麗に映えると言われている形。

しかし、形には好みがあるので、必ずしもこれが正解というわけではありません。綺麗に端をそろえた「ぱっつんうなじ」が良いという方、左右の耳後ろに曲線を描く楕円形が好きだという方もいます。自分が自信を持って堂々と見せられる好きな形を見つけてみるのも良いかもしれません。

変なうなじってどんなうなじ?

「自分のうなじの形が変」というコンプレックスがある方も多いのですが、実際はそのほとんどが『主観や好み』で違うようです。最も憧れの多い「MW字型」が嫌だという人もいらっしゃいますし、「MW字型以外のうなじは変な形」と思い込んでしまう人もいるようです。

そういった例を省き、美容院などで「襟足の処理」として剃られる場合が多いのが、ちょうど耳の下辺りにある「ヒゲうなじ」。うなぎのひげのような、筆先のようなもっさりとした柔らかい毛の塊が形作っているもの。襟足全体の形を印象づけてしまうことから、美容室では剃ってしまうことが多いようです。

また、耳の後ろから首後ろの生え際までびっしりと生えた、後れ毛と産毛の混合ゾーンも襟足処理として剃ってしまう場合があります。また、「W字」の真ん中の凹みがない、いわゆる「V字」型の襟足を持つ人も、「セミのしっぽみたいで嫌だ」と感じる場合があるようです。

女っぷりが上がるヘアスタイルがキマる

うなじを綺麗な形に整えることで得られる効果は沢山あります。まずは先にもご紹介した通り、首が長く見える、細く見えるという点。

さらに、首の産毛など不要な毛を処理することで、首周りのくすみが解消されることも多いです。その相乗効果で顔の肌色まで明るく見えることで、美肌に見せてくれる効果もあります。

こうした様々な効果は、女性らしさを演出してくれたり、自在なヘアアレンジを首元からバシッと決めてくれる嬉しい効果もあります。はつらつとした女性らしさを出したいなら、うなじのケアは必須ですね!

うなじの処理、ずばりどうしてますか?