お肌のクレーター、凸凹ニキビ跡を改善する方法!皮膚科や自宅でできる効果的なピーリング方法を徹底解説!

せっかくニキビが治っても、凸凹のニキビ跡になってしまうとショックですよね。お肌のクレーターのせいで、憂鬱な気分になってふさぎこんでしまう方も多いようです。出来てしまったニキビ跡を改善する為の対策をまとめました。

クレーターとは?なぜ凸凹になるの?

ニキビ跡の種類

ニキビ跡にできる凸凹した皮膚の状態をクレーターと呼んでいますが、これには大きく分けて3つの種類があります。

【1.ローリングタイプ】幅は4ミリと幅広く丸くくりぬいたような形をしています。真皮の傷部分が広いためコンシーラーでも隠し切れず目立ってしまいます。

【2.アイスピックタイプ】幅は2ミリ以下ですが、深く真皮下まで皮下組織が炎症で傷がついている状態をいいます。

【3.ボックスタイプ】ローリングタイプの底が平らになったような形をしています。そのためとても目立つように思いますが、他のタイプと違い真皮まで傷が到達していない場合もあるため、後々目立たなくなると言われています。

ニキビ跡には色素沈着などの跡もありますが、このクレーター跡は一番の厄介者と言われています。

クレーターを作るメカニズム

ではクレーターはどのようにして作られるのでしょうか。順を追って見ていきましょう。

【1】毛穴の中にある皮脂腺から出た皮脂が溜まり、アクネ菌(ニキビの元になる菌)に感染し、ニキビができて炎症を起こします。

【2】ニキビを治そうとするために身体の免疫機能が働き、白血球などがアクネ菌と戦って膿が出ます。その際に異常なコラーゲンが作られ、瘢痕組織と呼ばれるものが出来ます。ニキビ以外でも傷口を治す時に瘢痕組織が出来ます。

【3】やがて傷の部分の組織を修復しようとする細胞と瘢痕組織によって皮膚が修復されますが、毛穴の形を残したまま瘢痕化するか、毛穴が大きく損傷を受けた状態で瘢痕化するかによってニキビ跡の形が決まります。前者→毛穴が開いて見えるニキビ跡、後者→へこんだ形のニキビ跡になります。

ニキビ跡ができやすい人とは?

ニキビ跡が出来る人もいれば、きれいに治って跡になりにくい人もいますよね。では、どんなタイプの人だとニキビ跡ができやすいのでしょうか?

ニキビ跡ができやすい人の特徴5つ

ニキビ跡ができやすい人には特徴があります。

1.ニキビが出来ると赤く炎症を起こしやすい人

2.皮膚に厚みがある人

↑1.2.ともに、コラーゲンを生成する能力が高いと同時に瘢痕化しやすく、皮膚表面に出やすいようです。

3.皮膚の新陳代謝が悪い人

↑新陳代謝が悪いと皮膚の生まれ変わりに影響します。

4.ニキビ菌に対するアレルギー反応がある人

↑アクネ菌に異常に反応し大量のコラーゲンを作り出します。

5.上記に加え、ニキビを自力で潰すクセがある人