ニキビが白い膿でプツプツに!つぶすと出てくる白い塊や液体の正体は?白ニキビの原因と悪化しない方法を徹底解説

ニキビが白い膿になって、悪化してしまった!誰もが一度は出来たことがあるニキビ。10代の思春期の悩みだけでなく、大人になってからも悩まされるニキビですが、きちんとケアするとニキビができにくい肌になります。ニキビの原因と種類を知って、これ以上ニキビが悪化しないようにする方法についてお伝えします。

顔にプツプツとした白いニキビが…原因は一体何?

白ニキビができる原因とは

気づいたらおでこや鼻にプツプツ。だんだん大きくなっていくニキビ。ちゃんとスキンケアをしてるのに…と悩んでいる方も多いと思います。なぜニキビができてしまうのでしょうか。。

白ニキビの原因は、「毛穴に皮脂がつまってしまった」せいです。なぜ、毛穴に皮脂がつまるかというと、それには様々な原因があります。

10代の頃は、皮脂分泌が多いことにより皮脂が過剰になりニキビができてしまいます。いわゆる「思春期ニキビ」です。

20代になれば「思春期ニキビ」とは違い、もっと様々な原因が考えられます。まずは、皮脂の過剰分泌も原因の一つですが、乾燥肌になって皮脂が過剰に分泌したということも考えられます。

また、メイクの汚れが落ちきれていない、ストレス、不規則な食生活、ホルモンバランスが乱れている、睡眠不足など肌に悪い生活を送っている場合もニキビができてしまいます。これが、「大人ニキビ」と呼ばれているものです。

いずれにしても、ニキビができてしまうことにより肌にダメージはできてしまうので、丁寧に対処していく必要があります。

そして、ニキビの色によって対処方法が異なってくるのです。白ニキビは、ニキビの初期段階で、まだ炎症が起きていない状態です。この段階できちんとケアができていれば、ニキビは悪化しにくくなります。

ニキビを潰すと白い塊が出た!これは何?

ニキビを潰した時に白い塊が出てしまうことがあります。その正体は、「皮脂」なんです。
毛穴につまった「皮脂」が固まらずに残っていて、にゅるっと出てきます。にゅるっと出てきた「皮脂」が原因となり、ニキビが悪化する場合があります。

白いニキビの段階だとまだ炎症を起こしていないので、ニキビを潰した方が治りが早いと言われていますが、誤った潰し方をするとニキビを悪化させる原因となります。(ケアの方法は、後ほどご紹介します。)

ニキビを潰すと白い液体が出た!これは何?

ニキビを潰した時に、白い塊(皮脂)が出た後に白く透明な液体が出てくる場合があります。その正体は、「浸出液」というものです。

「浸出液」は、傷口の表面から出るさらっとした白く透明な液体です。実は、これは傷口を早く治そうとするために出てくる液体なので、時折、血が混じって出てくることもあるようです。

ダメージを受けた毛穴を早く治そうとするために出される液体なので、拭き取るのではなく、しばらくそのままにしておくといいと言われており、跡が残りにくく、治りも早いということです。

ニキビが出来にくい肌のつくり方

思春期ニキビができにくい肌になるには

「思春期ニキビ」は、10代の成長期に皮脂が過剰に分泌され毛穴につまってしまうことによりできてしまうニキビです。過剰に分泌される皮脂が毛穴につまらないように正しいスキンケアをしましょう。

正しいスキンケアは、洗顔と保湿を丁寧に行うことです。ニキビ予防専用の洗顔料で洗顔を丁寧に洗い、化粧水・乳液で保湿をすることで皮脂の毛穴つまりを軽減できます。

注意点は、
・洗顔は、朝晩だけ。皮脂が多いからといって1日に何度も洗わないようにしましょう。逆に乾燥が進み、皮脂がさらに分泌されてしまいます。

・ゴシゴシ洗わない。ゴシゴシ洗ったからといって皮脂が取れるわけではなく、皮膚を傷つけてしまうことになります。