ニキビが治らない原因は偽ニキビだった!?ストレスと善玉菌のバランスが問題?皮脂の過剰分泌を抑える方法とは?

いつまでも治らないニキビは、実は扁平疣贅、マラセチア毛包炎、めんちょうといった偽ニキビが原因かも?ニキビの原因、メカニズム、偽ニキビとの違いをしり、きちんと正しいケアでお肌を健康できれいな肌にしていきましょう。

ニキビが治らない原因をニキビ発生メカニズムから考えよう

知らないうちにニキビができてしまって嫌な思いをした経験がある人は多いですよね。やっと治ったと思っても。また新しいニキビがでてしまったり・・・。

間違った対処法をしてしまうと、ますます悪化させてしまったり、ニキビの数を増やしてしまったり、ニキビ跡ができてしまったりと、肌をボロボロにしてしまう可能性があります。ニキビができるメカニズムを理解して原因を知り、その人に合った対処法をすることがとても大切です。

ニキビのできかた

1.皮脂が過剰に分泌する

皮脂は、肌にとってとても大切な役割をしてくれます。皮脂は肌の膜の代わりをしてくれ、この皮脂膜が、水分の蒸発を防ぎ、外部刺激などから肌を守ります。

皮脂が過剰に分泌される要因はいくつかあげられます。思春期には成長ホルモン、ストレスなどによって増加する男性ホルモン、生理前にでる黄体ホルモンなどの影響により、皮脂分泌が活発になり、ニキビが出やすい肌状態になります。

2.皮脂が毛穴に詰まる

新陳代謝の低下やホルモンの過剰に分泌により、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、皮脂や角質によって毛穴がどんどん詰まってしまいます。

これがニキビの初期段階になります。肌の表面が白っぽくプツっと盛り上がり、毛穴がまだ開いていない状態を白ニキビと呼ぶことがあります。また白ニキビから少し症状が進み、毛穴が開き、皮脂に汚れが溜まり、酸化して黒ニキビに変わっていきます。

3.詰まった場所に肌の常在菌が増える

皮膚には、常在菌と呼ばれる体の健康維持に役立つ善玉菌がいると言われています。この常在菌が、皮脂を分解し、エネルギーを生成し、肌の表面を弱酸性にしています。

ニキビの原因になるアクネ菌も、常在菌なので肌の健康には欠かせない菌です。しかし、毛穴に皮脂が詰まった状態は、アクネ菌が過剰に増殖するのにとても適した環境になります。

4.炎症が起きる

白ニキビや黒ニキビをそのまま放置してしまうとアクネ菌が繁殖し、酸化した皮脂が悪化し、炎症を起こして赤くなってしまいます。アクネ菌の増殖により、さらに炎症をおこす働きがある他の物質を分泌し、ますます炎症はひどくなり、腫れ上がってしまいます。

5.ニキビができる

すでに赤くなり炎症が起き、腫れ上がった状態を赤ニキビと言います。この状態になってしまうと、とても治りづらいと言われています。炎症が起きた肌は、ニキビが治った後に色素沈着や、クレーターのような痕が残る可能性が高いので注意が必要です。

さらに、赤ニキビを放っておいてしまうと黄色い膿がでてきます。この状態を黄ニキビと言います。黄ニキビは、アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌も増殖してしまい、炎症がひろがり痛みもともないます。赤ニキビよりもさらに、確実にニキビが治った後も皮膚に痕が残ってしまいます。

ニキビ対策とは?

ニキビを発生させる要因として、ストレスなどから過剰分泌される男性ホルモンがあげられます。本当はストレスフリーな生活をおくれると最高ですが、現代社会では厳しい状況ではないでしょうか。ニキビが出来たら、生活習慣をきちんと見直すことが一番の対策になります。

1.バランスの良い食生活をおくれているか
ニキビ肌には、皮脂の分泌をコントロールするビタミンB2、タンパク質を生成するビタミンB6、シミを防ぐビタミンCが必須になります。

2.睡眠を十分取れているか
もしなかなか時間が取れないようなら、せめてPM10時からAM2時に睡眠をとれるようにしてみましょう。

3.メイク道具やタオル、枕、布団など日々肌に触れるものを清潔にしているか
できるだけこまめに洗うか、交換して清潔を保つようにしてください。

4.間違ったスキンケアで肌を痛めていないか
皮脂を取ろうとして、必死になって洗顔をしてしまうと逆効果になります。また、ニキビができるからと保湿ケアをしないのは、肌が乾燥してしまうので気を付けましょう。

5.ストレスが溜まっていないか
ストレスは誰でも受けますが、自分なりの解消法をみつけて少しでも発散できるようにしましょう。

ウオーキングやランニングなどの、適度なスポーツをするとストレス解消にもなりますし、新陳代謝もよくなり一石二鳥です。しかし、紫外線対策や汗をかいた後は清潔にすることが大事です。

ニキビ対策だけではなく、基本的な事なので生活習慣を見直すだけで、たくさんのメリットを得られます。薬を使用しての治療の前に、自分の身体をきちんと調整してニキビのできにくい肌を作っていきましょう。

皮脂の過剰分泌の原因とそれを抑えるには?

皮脂の過剰分泌は男性ホルモンの影響

ストレスの影響によって男性ホルモン増えると、過剰に皮脂を分泌し、さらに角栓を詰まらせる要因にもなり、ニキビができやすくなります。

ストレス以外にも、睡眠不足や急な温暖差など、男性ホルモンを増加させる要因はあります。睡眠不足、過労などによっても自律神経の働きが乱れ、交換神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。その結果、男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の過剰分泌へとつながってしまいます。

テストステロンを抑えるには?